ご案内 | 高校生ポスター | 日本微生物生態学会 第32回大会

高校生ポスター

日本微生物生態学会第32回沖縄大会のご案内

 我が国の環境微生物研究における中核学術コミュニティーであります、日本微生物生態学会の第32回年次大会を、2018年7月に沖縄県宜野湾市にて開催致します。本学会は、自然界における微生物と環境、人を含む生物との関わりについて研究することを目的として、1985年に前身の微生物生態研究会より発足した学会であります。登録会員数は2017年5月現在、 1,024名(正会員数658名、学生会員330名、その他36名)に上ります。本学会は微生物分野のみならず、幅広い分野の学術コミュニティーと連携しつつ、国内外において微生物学分野の理解に向けた活発な研究ならびに啓蒙活動を行っております。

 国内年次大会は2016年度までに31回を数え、近年は、環境微生物系の複数の学会(2017年度大会は5学会共催)と合同で大会を開催しており、国内の微生物研究を牽引する学会のひとつに成長しています。年次大会の開催は沖縄県では初の開催となり、市民公開シンポジウムでは、 亜熱帯・沖縄の微生物に関連した学術ならびに応用研究に関する講演を予定しています。また、 本大会では、韓国、台湾、日本の持ち回りで開催しています、アジア微生物生態シンポジウム(ASME)も同時開催され、国際的な学術集会となる予定です。

 つきましては、平素より本学会の活動と発展に多大なご理解を賜っております皆様に、本大会の趣旨にご賛同を頂き、開催へのご支援をお願い申し上げます。

日本微生物生態学会第32回大会実行委員会

委員長 新里尚也

(琉球大学熱帯生物圏研究センター 准教授)

TOP